桃太郎と金太郎

昔々その昔 
おじいさんとおばあさんと金太郎と桃太郎の四人家族が
、山に囲まれ、森に囲まれた草ぶきの家にすんでいました。


 朝が来ました。 
おじいさんは畑を耕しに、金太郎も桃太郎もいっしょに畑に行きました。
こ一時間 耕していると、
林のほうから ドドッドドッとイノシシが、おじいさんめがけて走ってきました。
金太郎も桃太郎もびっくりして走ってゆき
イノシシと戦いイノシシに勝ちました。

しかし、おじいさんも金太郎も桃太郎も手足に傷を負いました。
おじいさんはひるまずイノシシを捕らえました。

金太郎も桃太郎も ”やった!やった!” と大喜びです。 
はあはあと息を吐きながら、おじいさんは金太郎と桃太郎を抱きしめました。
その様子を見てた村人も、”よかったよかった”と安心しました。

おじいさんは、”イノシシをどうしようか?”と考えました。
”そうだ  森にもどそう”  といってイノシシに縄をかけ、
担い棒を通し、金太郎と桃太郎が前に、おじいさんは後ろを担いました。
「おじいさん おじいさん、イノシシさんは重いね。」と金たろうがいいました。
「うん おもいなあ」




c0168181_9513783.png

[PR]

by hirakoba777 | 2008-11-05 16:15
line

アンテナショップで働いてます


by hirakoba777
line